寝汗って、実は?
毎日コップ1杯から1.5杯程度の
汗をかいているんです。

つまり?
寝汗自体は自然の現象なので、
本来は気にしなくていいもの。

なのです。が!

寝汗があまりにもひどいと?
ちょっと心配になりますよね。。

スポンサーリンク

ひどい寝汗をかいた日って?
なんか、朝からどんよりと
けだるい感じに襲われませんか?
倦怠感というか、疲労感というか。。

では、ひどい寝汗をかく原因は
何でしょう??

もっとも考えられるのは?
ストレスです。

過度のストレスによって、
自律神経が乱れます。
自律神経が乱れることで?
寝汗の量が異常に多くなるというわけです。

また、病気の原因になっていることも。
たとえば?

肺結核とかΣ(・ω・ノ)ノ!
(微熱や咳を伴う場合)

あとは、自律神経失調症ですね。
自立神経失調症になると、
間違った判断をして必要以上に
汗を出すことがあります。

では、寝汗の対策はどうすればいいのでしょう
まず、簡単にできるのに気づきにくい
盲点としては?

パジャマがあります(・ω・)/
わたし、パジャマ着てませんが、
通気性の良いパジャマを着ることで?

寝汗の不快感が軽減されるという
ことは十分あります。

で、コチラ。
(セシール)cecile メッシュ地Tタイプパジャマ
(セシール)cecile メッシュ地Tタイプパジャマ

スポンサーリンク

おお、さすがセシール。
気が利きますねw

ほかには?
ストレスによる場合は、
病院に行くことを勧めている意見も
ありますが、私は賛成しかねます。。

だって、精神科(診療内科など)は今日も?

精神科は今日も、やりたい放題
精神科は今日も、やりたい放題

やりたい放題ですから(・。・;

薬を飲んでも、根本的な治療、
ストレスの解消にはなりません。

でも、何か服用しないと夜眠れない
不安に襲われる。。

そんな時には?
コチラの休息ハーブの力の助けを
借りるのがいいでしょう。

ぐっすり眠れるようになることで?
寝ている間にストレスを解消
することができますし、
ぐっすり眠るようになることで?

明らかに多すぎる寝汗も
いつの間にかおさまっていたり?
そんなこともありますから(ゝω・)

スポンサーリンク