最近。
膝(というかすね)を打撲しましたw

ちなみに、そもそも打撲(だぼく)とは?

超絶簡単に言えば、
「強くぶつける」
ことですw

傷口を伴わないため、
病院に行かずに自然に治るのを
待つ人も大半なのが打撲。

わたしも打撲程度では
病院には行きません(`・ω・´)キリッ

ただ、打撲がこわいのは?
他の障害を誘発することがある
という点。

では、打撲してしまった時の
処置はどうすればいいのでしょう?

まずはアイシングがいいでしょう。
打撲すると内出血が起きますが、
内出血自体は?

自然なことなので、心配する必要は
ありません。

ただ、打撲した箇所に一気に
血液を集中させようとするため、
細胞が酸欠状態を起こします。

すると?
もともと元気な細胞が酸欠状態によって
死滅してしまうということにw(゚ロ゚;w

元気な細胞まで死滅させてしまうと、
打撲の回復期間も延びてしまいます。
だからこそ?

アイシングしてわざと自然治癒力の働きを
遅らせることで、結果的に元気な細胞が
死んでしまうことがないようにする
ということが大事になってきます(・ω・)/
打撲の処置

ちなみに、アイシングに適しているのは?
市販のアイスパックよりも、
ビニール袋に氷をぶっこんで、
ほんのちょっと水を入れる原始的な氷のうが
一番効果的だったりします。

スポンサーリンク

↑意外っちゃー意外ですね。

あと、値段のわりに意味がないのが?
コールドスプレー。。

スプレーしゅっしゅするよりも、
ビニール袋に氷をぶちこむ。

これですよ(σ・∀・)σ

ちなみに、ヒザの打撲。
曲げると痛いという場合は?
打撲のレベルを超えて、
骨折(ヒビが入っている)
の可能性もあります。

その場合は、自然に治るのを待つのではなく
病院に行って診察を受けたほうがいいですよ。

まあ、ヒビの場合も?
病院に行ったからすぐ治る!
というわけではないんですけどね( ̄ω ̄;)

あ、ちなみに、打撲の処置として
やりがちなのが?

湿布を貼る

ということ。
でも湿布じゃ、意味ないです。
最初はひんやりして気持ちいい♪
ってなりますけど、すぐあったかく
なっちゃいますからね( ̄ω ̄;)

それよりも?
ビニール袋で作った氷嚢(ひょうのう)を
打撲したところにあてて、
内出血をおさえるのがいいです。

腫れや痛みを抑えることもできますし、
その後の「曲がりにくい」というような
機能障害を防ぐことにもつながります。

あと、マッサージもダメですよ。。
余計に内出血がひどくなりますから。
打撲の処置。マッサージは逆効果!

打撲してしまった場所は
まず冷やして、包帯やサポーターなどで
固定して、さらに?

心臓よりも高い位置にして休むのが
早く治すコツです(ゝω・)v

スポンサーリンク