白砂糖といえば、最近は砂糖=悪
という説が多いですよね。

私も昔から甘いものが好きでしたが、
「白砂糖に限らず砂糖って実は、、、

良くないんじゃね?」
と思って、控えるようにしています。

というか、通っていた歯医者の先生に
「甘いもの好きですか?コーヒーとか」
って聞かれたので、

「はい、カフェオレ良く飲みます」

って答えたら、、

「アカン」

と一蹴されまして(汗)
最低でも無糖のブラックコーヒー
と言われ、それは素直に実践しています。

では、白砂糖が良くないという説では、
どんなことが言われているのでしょう?

スポンサーリンク

白砂糖は「中毒性がある」
というのがまずありますね。

「もっともっと」
という欲求がわいて出てくる
という感じ。

私も、ご飯を食べても、まだ足りない
気がして甘いものを食べたり
っていうことが多いです。

↑これはまだ完全に断てていない。。

女性にとって天敵である
「冷え」
をもたらす効果も白砂糖にはあります。

三温糖ならいいのか?
って言われたら、カラメル色素が
くわえられているので、良いわけない
というのが答えになります。

さらに!
こんな効果も目白押しです。

・血液の酸化、糖化
・体内のビタミン、ミネラル、
カルシウムを大量に奪う
→虫歯、骨粗鬆症
・鬱やパニック障害など精神的疾患
・アレルギー、アトピーの進行、悪化
・頭痛や記憶障害
・ガン、生活習慣病
・血液に入り込んで血管を痛める
・集中力、記憶力の低下
・短気、イライラ、攻撃的になる
・老化や肌荒れ
・むくみ、疲労感
・性器トラブル、不妊
・リウマチ
・ウイルスに弱くなる

といったもの。
うーん。

スポンサーリンク

こうしてみると?
砂糖、あかんやんってなりますね。

で、見つけたのがこれ

「砂糖」をやめれば10歳若返る! (ベスト新書)

ちょうど私の今のテーマが
「若返り」
なんですが、タイムリー♪

しっかり若返りして、
〇〇歳には見えないですね♪
って年下女子から言われるように
ならねばなりませんw

ちなみに、NHKのあさイチでは
白砂糖が危険であるという説を
否定する内容の特集?

があったというそうなんですが、
私はそれ、見てません。

が、当然、砂糖を作っている会社や
業界からすれば、都合が悪いわけですから、
砂糖が体に悪くないというのは
どんどん宣伝しますからね。

となると?
後は、どちらを選ぶかというのは
個人の選択になってくるわけで。

私は砂糖を断つという選択肢を
とっていきます。
(完全にというのはなかなか、、
難しいですけどね)

というわけで。
最近、青汁も飲み始めてみました(笑)

スポンサーリンク