耐火基準コードって、
全労済のホームページを見れば
分かるのでしょうか?

スポンサーリンク

ま、とりあえず見てみようや!
というわけで全労済のホームページを
チェック。
https://www.zenrosai.coop/ss/tateku_guide/index.php

「建物構造区分確認ガイド」
では?

対象契約物件の建物構造区分を
ホームページで確認することが
できるようになっています。

4桁の耐火基準コードは?
ステップ2に進んで、
ハウスメーカー・住宅名から確認
からチェックすることができます。

スポンサーリンク

ちなみにセキスイハイム(積水ハイム)
の場合は?

こんな感じです(´・ω・`)
(※全労済のホームページでも
確認してくださいね)

セキスイツーユーホームW
⇒ステップ2 柱の材質 木質など

⇒ステップ3 耐火基準
準耐火建築物 or 省令準耐火建物
(耐火基準コード:SK01)

⇒建物構造区分 鉄骨・耐火構造

セキスイハイムM-1 ⇒鉄骨・耐火構造

セキスイハイムM-2 ⇒鉄骨・耐火構造

セキスイハイムM-3 ⇒鉄骨・耐火構造

セキスイハイムM3 ⇒鉄骨・耐火構造

セキスイハイムMR ⇒鉄骨・耐火構造

セキスイハイムM3-3階建 ⇒鉄骨・耐火構造

セキスイハイムW1-A
⇒ステップ2 柱の材質 木質など

⇒ステップ3 耐火基準
省令準耐火建物
(耐火基準コード:SK02)

⇒建物構造区分 鉄骨・耐火構造

セキスイハイム ⇒鉄骨・耐火構造

セキスイW3
⇒ステップ2 柱の材質 木質など

⇒ステップ3 耐火基準
準耐火建築物 or 省令準耐火建物
(耐火基準コード:SK03)

建物構造区分 鉄骨・耐火構造

あ、ちなみに火災保険のことなら?
コチラが便利です。


ちょっと見直しただけで、
保険料が半額以下に!?
なんてこともありますからねΣ(・ω・ノ)ノ!

無知とは罪。
この言葉が重くのしかかりますw

火災保険の見直しで家計を節約

スポンサーリンク