相続対策として、底地の売買に関する
関心が高まっていますね。

底地は、自分の土地の上に他人の建物が
建っている状態。

現代の日本の法律では?
(借地借家法)

借主に有利な状態になっているので、
いざ底地を売ろうと思っても?

高く売る(更地と同じぐらいの価格で)
というのは正直難しい状態です。。

一番いいのは?
建物の所有者に買い取ってもらうのが
高く売れるのですが、建物の所有者も、
経済的に事情だったり、
「いや、借りてたほうが得だし」
と考えている場合も多いです(・。・;

底地のまま不動産業者に売却するのは?
比較的簡単にできる方法なので、
どうしても売りたい場合は?

そのほうが楽ちんですが、
その代わり?

安いです。。

不動産業者が底地のまま買い取った場合は?
更地価格のだいたい10%とか、せいぜい
15%程度となってしまいます。。
底地を不動産業者に売ると安いです

では、他にはどんな選択肢があるのでしょう?

スポンサーリンク

底地と借地権を同時に第三者へ売却
するという方法があります。

この場合は、更地の50%程度が
目安となりますから、比較的高く売れる
方法になります(・ω・)/

借地権・底地の等価交換する場合も?
おおよそ、更地の50%程度が目安になります。

でも、いずれにせよ?
専門的な知識や交渉が必要になるので、
自分の判断で決めてしまうのは危険です。

というか、そもそも無理ですよね?

でも、このままじゃもったいない、
損をしている気がする。。

この状況を何とかするなら?

不動産の一括査定をしてみる
と言う手があります。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

複数の不動産業者に話を
聞いてみることで?

希望額で売れる業者があれば
売ればいいですし、
希望額に達しなければ?

売る必要はありませんからね。

底地売買に強い業者を見つける

スポンサーリンク