F1のDRSボタンとは
どういうボタンなのでしょう?

牡丹?
いや、違いますw

DRSボタンとは、
ウイングを寝かせてトップスピードを
上げるための装置。

つまり?
目的は、追い抜きのためのボタン
というわけです(´・ω・`)

ただ、ウイングが寝るから当然
おさえはきかなくなるわけで。
となると?

ストレート(直線)以外で使うのは
事故のもと(;´・ω・)

で?

F1カナダグランプリで
使い方を間違って事故に。。

DRSは、前の車とのタイム差が
1秒未満の場合かつ
DRS区間でのみしか使えません。

でも、今後もこういった
ヒューマンエラーは出そうですよね。。

ちなみにDRSって?
ドラッグリダクションシステム
の略です。

なんか。
どうでもいいけど頭文字Dの
ミスファイアリングシステムを
思い出してしまった件w

スポンサーリンク

須藤京一のエボスリーですね。
バックファイアがうるさいやつ(/・ω・)/

あと、DRSボタン以外だと?
KERS(カーズ)も導入されていますね。

“Kinetic Energy Recovery System”
の略で、
「運動エネルギー回生システム」
という意味です。

F1マシンって、ブレーキの時にはブレーキパッドにより
運動エネルギーを熱として捨てています。

この捨てている熱を、ブレーキングに影響の少ない
後輪から回収・保存して、
加速するときに使おうというシステムです。

なんか、難しいですねえ。

つまり?
コーナーを曲がった後の加速を速くする
ための装置と言えそうですね。

最近F1見てないけど、
昔は好きだったな~。

こういうDRSボタンとか小細工ぬきの
テールトゥノーズが見たいものです。

スポンサーリンク